わくわく定年退職ライフ

ちょっとのお金の知識で豊かなシニアライフ

目まぐるしく変わる医療保険制度の改悪に負けない定年後生活設計のやり方

2018年8月から、高額療養費制度が一部改正になり、これまで自己負担の上限額が一律だった70歳以上の「現役世代並み所得者」は、課税所得で3つに区分されました。 690万円以上の課税所得があれば、1カ月に100万円の医療費がかかった場合、変更前は約8万7千円…

【定年後の楽しみ】テレビをBS4K対応済の東芝レグザ55M520Xに買替えた

このたび大型テレビに買い替えました。 今まで使っていたのは2011年2月に買った40インチの液晶テレビでしたが、最近の4Kテレビの美しさを家電量販店などで見てしまうと、どうしても比べてしまいます。 さらにこの際、画面ももう少し大型にしよう、2018年12月…

神戸新開地の新しい寄席の定席、喜楽館へ行ってきました

神戸新開地の新しい寄席の定席、喜楽館へ行ってきました 神戸の新開地は、かつては「東の浅草、西の新開地」と謳われ神戸随一の歓楽街であった場所です。 そんな歴史ある場所に、寄席の復活を切望する市民の願いが叶い、「神戸新開地・喜楽館」が本年7月に開…

最新の簡易生命表から考える、お金だけじゃない定年後のこれから

今年も厚生労働省から、簡易生命表が発表されました。 私はファイナンシャルプランナーなので、ついついお金の面だけで今後を考えるのですが、一度しかない人生はもっと考えることがあります。 2017年簡易生命表 0歳の平均余命である「平均寿命」はとても有…

「リスク取りたくないので退職金は全て銀行」がハイリスクな理由

日本人の投資嫌いは筋金入りのようです。 2016年に金融庁が行ったアンケートによれば、株式や投資信託など有価証券保有経験は全体の3割強に留まっています。 しかし「退職金はリスク取りたくないのでぜんぶ銀行預金です」というのは、実はもっともハイリス…

定年男性にこそ折りたたみ日傘をオススメする3つの理由

日傘と言うと女性のものと思われますが、男性にもじわじわと広がり始めています。意外にイケる見た目、熱中症対策、老人性シミ・シワ対策の3点で、日傘は抜群の効果を発揮します。 若い男性も日傘を使い始めた 女性たちには必須アイテムの日傘ですが、彼女た…

長野県白馬岩岳でマウンテンバイクスクールを体験してきました。

長野県白馬岩岳でマウンテンバイクのスクールを体験してきました。 岩岳スノーフィールドというところで、マウンテンバイク(MTB)のダウンヒルに挑戦したんですが、残雪の残る美しい山と、ダウンヒルのスピード感&スリルを満喫できました。 わたしは普段はロ…

金融知識で武装し、高齢者を狙う詐欺や犯罪から身を護る

世界トップクラスの超高齢社会になった日本ですが、高齢者が犯罪のターゲットになることが増えています。定年退職世代の私たちをとしては自分たちを守るのが第一で、金融に関する知識は、その大きな武器です。 このブログの読者にはお金に関する、常識的な数…

ネスプレッソからUCCドリップポッド一杯抽出コーヒーマシンDP2に乗換えてみた

一日に5杯はコーヒーを飲む珈琲好きのわたしですが、以前はペーパーフィルター式のコーヒーメーカーを使っていたものが、エスプレッソの流行に引きづられて、デロンギからネスプレッソへとマシンを変えてきたました。 定年退職で自宅滞在時間が伸びたのと、…

定年退職ブログって違和感ありますよね

みなさんこんにちわ 安井宏@定年退職FPです。 50歳を過ぎた頃、定年が目の前に見えてくるといろいろブログやツイッターをフォローしながら定年退職後の生活をイメージしつつインターネットで情報収集に努めました。 金融機関が提供する情報は似たようなもの…

退職金で払った住民税!ふるさと納税で取り戻せるか?

退職金!!! 長らく働いてきたご褒美ですね。 さて退職金をもらうとき、通常の納税手続きとは別に、退職金からガッツリと所得税や住民税が引かれてるのにお気づきでしょう。 取れるときに取っておこうと言う政府の魂胆なのか、 あるいは翌年度だと金に困るだろ…

被災地支援は、代理受領のふるさと納税がスマートです

日本は災害列島と言われるくらい様々な災害が起こりますが、災害が起きた時はお互い様です。 そのとき人は温かい気持ちになって支援をしようという気持ちになります。 とても素晴らしい事なんですが、やり方によってはかえって被災地の邪魔をしてしまうこと…

GPIF:年金積立金の運用状況から学ぶ。長期投資のための大切な知識。

定年退職を契機に投資信託を購入するなど投資デビューした方も、投資は怖いと距離を置いている方も自分の年金のことは気になると思います。 私たちは年金積立金を通じて株や債券に投資をしています。年金積立金の運用状況は、資産・地域・時間を分散して投資…

定年退職世代が気をつけるべき40年ぶり遺産相続の制度変更

相続法分野については,昭和55年以来,実質的に大きな見直しはされてきませんでした。 この間、社会の高齢化が更に進展し,相続開始時における配偶者の年齢も相対的に高齢化しているため,その保護の必要性が高まっていることから改正が実現しました。 国…

半端ない小さで収納性抜群、エレコム のワイヤレスマウスM-CC2BRSを紹介

先日、羽田空港のラウンジでブログを書いていたところ、隣の席でパソコンを打っていた男性の手元を見て、手が止まってしまいました。 最初はマウスと思わなかったのですが、使っておられる姿はマウスでスムーズに仕事をされてました。? その男性のマウスは、…