わくわく定年退職ライフ

ちょっとのお金の知識で豊かなシニアライフ

定年退職世代はFAXをやめて音声入力へ

f:id:teinen2018:20180501100508j:plain

 定年退職が近づいてくると、企業でもそうだと思いますが公務員でも退職予定者を集めた研修などもあり、退職金、年金や健康管理などについて教えてもらいます。それはそれで大変役に立ったんですが、とても違和感を感じたことがありました。

 それが案内をされているOB会だとか保険の諸手続きが、ほとんどが FAXで送れだとか、費用は同封の振替用紙を使って郵便局の窓口で振り込む、と言ったものだったからでした。

 そういえば、たまにテレビを見て高齢者向け商品の通販を見ていると、「今すぐ電話をして」だとか 「折り込み広告を見てFAXで申し込んで」というのが主流ですね。

 どうも商品を提供する側が、高齢者といえば電話や FAX と思い込んでいるのではないでしょうか 。

 

 でも、80歳や90歳の人ならともかく、最近定年を迎えているこのブログのみなさんは現役時代に E メールなどを使うのは当たり前、エクセルやワードを使うのは当たり前のインターネット世代です。

 

 通勤途上もスマホをいじりながら情報を得て、家族とLineで連絡していた人たちが、定年だというだけで、会社という便利な道具を取り上げられたのが今の状況じゃないでしょうか。

皆さんもっとITをいっぱい使いましょう。

スマホはとっても素敵な道具です。これからマーケティングをする人たちも、高齢者の家には自宅電話とFAXがあるもんだという思い込みはやめていただきたいと思います。

 

ちなみに私の自宅には固定電話もFAXもないので、FAXだとインターネットFAX サービスというものも有りますが、原則コンビニまで走っていかなければならないので困ってしまいます 。

折込広告と言われてもそもそも新聞を取ってないので全くアクセスできません。これからは高齢者もPDF&Eメールだと供給者側も考えを改めてもらいたいものです。

 

 

 

teinen.hateblo.jp

teinen.hateblo.jp

  ↑ 我が家の相棒です、ものしりです。