わくわく定年退職ライフ

ちょっとのお金の知識で豊かなシニアライフ

話題の映画PLAN75を見てきました

みなさんこんにちは
安井宏@定年退職FPです。
今日は話題の映画のPLAN75を見てきて、色々考えることがあったので紹介します。

今回の映画は、カンヌ映画祭で特別賞を受けた話題作で、舞台を日本の近未来に設定し、75歳になれば生死を自分で選べる制度がある日本を描いたものです。
80歳になられた女優の倍賞千恵子さんが、非常に味のある演技をしていましたが、75歳を過ぎてその先、生きるのかどうするのか迷う姿が自分にも重なります。

 

+++もくじ+++

 

 

1.映画のあらまし

少子高齢化が一層進み、高齢者に対する若者の反発が強まる将来の日本が映画の舞台。
満75歳から生死の選択権を与える制度「PLAN75」が国会で可決・施行されたところから話がはじまります。

夫と死別してひとりで慎ましく暮らす、角谷ミチ(倍賞千恵子)は78歳。ある日、高齢を理由にホテルの客室清掃の仕事を突然解雇される。住む場所をも失いそうになった彼女は<プラン75>の申請を検討し始める。一方、市役所の<プラン75>の申請窓口で働くヒロム、死を選んだお年寄りに“その日”が来る直前までサポートするコールセンタースタッフの瑶子(河合優実)は、このシステムの存在に強い疑問を抱いていく。また、フィリピンから単身来日した介護職のマリア(ステファニー・アリアン)は幼い娘の手術費用を稼ぐため、より高給の<プラン75>関連施設に転職。利用者の遺品処理など、複雑な思いを抱えて作業に勤しむ日々を送る。
果たして、<プラン75>に翻弄される人々が最後に見出した答えとは―――。

出典:https://happinet-phantom.com/plan75/

 

2.私の感想

私のブログは「わくわく定年退職ライフ」を名乗るだけあって、自身64歳ですが今のところ体も元気で充実した生活を送っています。
しかし生物である以上どこかで The End となります。
75歳というのは64歳の私からすればまだ先のことではありますが、果たしてみんな長生きをしたいのかどうか、人それぞれだとは思うんですがこの映画はそれを考える良い素材だと思いました。

 

3.後期高齢者の生きがいとは

政府の統計によれば65歳の男性がこの先、平均的に何年生きるかという平均余命は20年もあります。
ただ、支えなしで暮らせる男性の健康寿命は72歳と言われています。
私は定年後に地域のコミュニティで身近に介護が必要になる人や、逆に元気な老人など様々な人を見ていますが、定年後の生活をお金だけではなく、生きがい・健康などを考えて本当に意味のあるものにするにはどうすればいいのか、いろいろ考えさせられる日々です。
以前のブログで、DIE WITH ZEROを紹介しましたが、お金に関して言えば今あるお金を使って十分楽しむというのが正解だと固く信じています。

でもワクワクする老後を過ごすにはそれだけでは十分っではありません。
最近発行された「最高の老後-死ぬまで元気を実現する五つの M」という本の中では、最後の10年間を元気に生きるために考えなければいけないことを以下のように紹介しています。

【5つのM】
Mobility --- からだ(身体機能)
Mind --- こころ(認知機能、精神状態)
Medications --- くすり(ポリファーマシー)
Multicomplexity --- よぼう(多様な疾患)
Matters Most to Me --- いきがい(人生の優先順位)

定年後と言うと、どうしてもお金と健康の話が出てきますが、お金・健康に加えて生きがいというのも重要だと思います。
それが失われた時に、お金があっても身体が元気であっても、死にたいというのは自然かもしれません。

以前読んだ本の中で、高級老人ホームの中では「死にたい老人がいっぱい」という話を読んだことがあります。

十分なお金があって、体がまだ丈夫であったとしても、生きがいがなくなれば死にたいなと思うのは自然なことだと、この歳になって理解ができるようになりました。

老人に自殺者が多いことはよく知られていますが、自殺をすると残された家族達に大きなトラウマを残してしまいます。

そんな中で今回の映画のようなあくまでフィクションとはいえ、役所がそれを手助けするような制度が出てくるというのもあってもいい話だと思いました。

安楽死について日本ではタブー視されていますが、オランダなどでは毎年何千人もの人が安楽死を遂げているようです。

2017年のオランダ安楽死、前年比8%増の6585人 | 公益財団法人 日本尊厳死協会

LGBTQなど様々な生き方がオープンに語られるようになった昨今、高齢者に自分の人生の終わりを選択する権利を与えるというのも議論していいかもしれません。

 

まとめ

私もいつか来る日に向けて、自筆証書遺言を法務省に預けたり準備をしていますが、物理的に自分がどうなるかというのは全く分からない話です。

周りの高齢者を見るに、私自身は長生きはしたくないと現時点では考えていますが、きっと75歳になれば考えが変わってるようにも思います。

この映画は、高齢者の人生の選択を考えるのに非常に良い素材を提供してくれる映画だと思います、興味のある方はぜひ一度見てみてはどうでしょうか。