わくわく定年退職ライフ

ちょっとのお金の知識で豊かなシニアライフ

今年もファンドオブザイヤーが始まった

f:id:teinen2018:20191021190438j:plain

みなさんこんにちは

安井宏@定年退職FPです。

今年も「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」(以下ファンドオブザイヤーという。)が始まりました。

定年を迎え、いまでこそインデックス投資をメインにしている私ですが、若い頃は海外口座、FX、個別株信用取引など試行錯誤うえ、ここにたどり着いています。

その個人投資家の投資環境向上を引っ張るのが、投信ブロガーたちで、その頂上決戦とも言えるのがファンドオブザイヤーです。

 

+++もくじ+++

 

1.かつてゴミと呼ばれた個人投資家

1998年4月に外為法が改正され、金融ビッグバンと言われた時代。

当時40代のわたしは投資に興味を持っていましたが、個人投資家の投資環境というのは非常に厳しい時代でした。

全世界に幅広く分散投資するのが良いことはわかっていましたが、現在のようにネット証券も低コストインデックスファンドも「つみたてNISA」もなく、それを現実的なコストで実現する手段は無かったのです。

数十万から数百万円以下しか運用してないような個人は、証券会社からゴミと呼ばれてどうでもいいような存在でした。

証券会社からすれば口座を管理するのにお金がかかって、儲けにならないからそういった呼ばれ方をしていました。

当然のことながら彼らをターゲットにした金融商品はありません。

そんな中、ゴミと言われることを自虐ネタにした、ゴミ投資家シリーズが2000年前後に

出版され、一部の先進的個人投資家に熱狂的に迎えられました。

最近では、これを懐かしんで復刻版さえ出ています。

わたしもゴミ投資家シリーズを貪るように読み、海外に口座を作るなど、いろいろ試行錯誤をしたものです。

そんな私からすると、全世界に広く分散投資できる投資信託が、わずか0.1%程度のコストで購入できる現在の投資環境は驚異の世界、まさに個人投資家天国です。

この個人投資家の投資環境改善には、政府関係者を始め様々な人々が関与しているわけですが、 民間の立場で引っ張ってきたのが投信ブロガーと呼ばれる人たちで、それを象徴する存在が、「ファンドオブザイヤー」です。

 

2.ファンドオブザイヤーとは

正式名称は長くて覚えにくい「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」ですが、ブログで情報発信する個人投資家のイベントです。

公式ホームページでは、以下のように紹介されています。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」とは?
投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

ポイントは、 

  • 一般投資家の目線で、
  • 証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず
  • ブログを書いて(情報発信して)いる

です。

世の中には、銀行や証券会社が立派な会場で著名な講師を招いて無料で講演するイベントや個別相談会などがあります。

これらの費用を誰が出しているかと考えれば当然なのですが、最終的には銀行や証券会社が儲かるような商品を売るための宣伝です。

一方でファンドオブザイヤーは、証券会社などからは独立して一家言あるようなブロガーたちが、同じ目的で集まって自発的にやっているイベントです。
なので、投票で選ばれる投資ファンドなども、自分が本当にいいと思う商品なので証券会社などのランキング上位のものとは全く違うものが選定をされています。

これまで12回開催されており、来年1月に13回目が開催されます。

そういったイベントが続いていることで、投資信託を作る側のプロに大きな影響を与えています。

私も昨年このイベントとその後の懇親会にも出ましたが、投資信託を作るプロの会社の幹部の方々がたくさん出席をしていて、民間イベントとはいえ、投資信託業界にいかに影響力を持っているかよくわかりました。

 

3.インデックス投資おすすめの理由

ここでごくごく簡単に復習しておくと、投資をする場合、世界に幅広く分散投資をするのが一番リスクが少なく収益を上げやすいということです。

このことはノーベル経済学賞の受賞理由にもなった理論で裏打ちされています。

実際、年金基金など機関投資家もインデックスファンドを多用していますし、個人投資家にとっては手間のかからない優れた手法です。

ここを語りだすと長くなるので、詳しくは著名な投信ブロガーである、水瀬ケンイチさんのお金は寝かせて増やしなさいと、NightWalkerさんの世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめましたの2冊を紹介することで省略させていただきます。

どちらもしっかりとした根拠を持ちつつ、素人にもわかりやすく書かれた良書です。

インデックス投資については、わたしも定年退職者に特化して詳しい記事を書いてますので興味のある方は見てみてください。↓↓↓

 

4.個人はどう活かす

ファンドオブザイヤーは、投信ブロガーさん達のイベントであるため一般の人たちが参加するのは難しいです。

しかし、そこはブロガーさんたちの集まり、当日から次々とブログが発信されます。

ほとんどライブではないかというような詳しいブログなども現れるので、参加しなくてもまるで参加したように臨場感が味わえます。

twitterであれば、ハッシュタグ#foy2019を注目しておいていただければ、詳しい情報が得られます。

また 上位のファンドがどのような経緯で選ばれたのか、今のトレンドがどうなのかといったことも分かります。

また参加されている投資信託を作る側の会社の人たちの挨拶なども紹介されるので、これからの投資に大いに役に立つでしょう。

 

5.優良な投資信託のリスト

世の中には6000本もの投資信託があります。
毎月毎月、旬のテーマできらびやかに投資信託が生まれますが、一方で人知れず繰上償還され消滅しています。
深い知識のない個人投資家が、証券会社の売れ筋リストを参考にしたり、無料個別相談会で接客してくれた販売員のアドバイスを参考にすると、多くの場合顧客にとって不利で不適切な商品を買う羽目になります。
サラリーマンとしては高給の部類に入る、金融機関の人件費を賄う仕組みですが、現在の日本では、これに騙されず安心して買える投資信託のリストをかんたんに入手できます。
情報源は2つで、一つは今回紹介したファンドオブザイヤーの入選ファンドのリスト、もう一つは金融庁が長期の積立・分散投資に適した販売手数料ゼロの投資信託として公表しているつみたてNISA適格商品のリストです。
後者は、つみたてNISA専用商品ではなく、普通の特定口座や一般NISAなどでも買える低コスト商品です。

 

まとめ

定年後に退職金などを元手に投資デビューされる方も多いと思います。

大儲けを夢見て大損しないように、ファンドオブザイヤーを参考にしてみたらいかがでしょうか。

わたしも今後投票して参加していこうと思っています。ご注目ください。