わくわく定年退職ライフ

ちょっとのお金の知識で豊かなシニアライフ

インデックスファンドの見分け方【再考】

f:id:teinen2018:20210803131459j:plain

みなさんこんにちは

安井宏@定年退職FPです。

つみたてNISA制度の普及などもあり、インデックスファンドの認知度が上がってきています。

深い投資知識がなくても「市場平均並みのリターンが得られる」インデックスファンドはとても素晴らしい商品です。

それでも実際の商品には多少の優劣があります。

一般的には、ベンチマークが同じであれば、同じような成果が期待できるので、信託報酬などコストが安ければ安いほどいいというのが常識ですが、立ち止まって考えると少し考え直すべき点があるというお話です。

 

+++目次+++

 

1 インデックスファンドの広がり

投資信託の中でもTOPIXMSCI KOKUSAIと言ったベンチマーク(指数)に ならって同じ値動きをするような運用するものがインデックスファンドと呼ばれています。

個別銘柄の上がり下がりや業界の動向を、プロが見ながら運用するアクティブファンドに対抗する概念です。

プロが細かく運用するアクティブファンドの方が儲かりそうに思いますが、実際のところ大半のアクティブファンドはインデックスファンドに負けています。

その理由は、インデックスファンドはすなわち市場の平均を狙っているのに対し、アクティブファンドは市場調査や各社のインタビュー、業界動向調査をしながら最適な投資をしてインデックスを上回る成果を目指すのですが、結局は運用にコストがかかることから、なかなかインデックスファンドを上回れません。

これは手数料の高いアクティブファンドを売って、たくさん手数料を取りたい業界にとって不都合な真実です。

けれど投資に深い知識を持つわけでないわたしたちにとっては、インデックスファンドはどのベンチマークに投資するかさえ決めれば、ほぼそれと同じような成果がえられることから非常におすすめの運用方法です。

わが国でも国が始めたつみたてNISA制度の拡大などによって、インデックスファンドが幅広く知られるようになってきました。

私自身も「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」という全世界の大型、中型、小型株を対象にするベンチマークを採用した、VT(バンガードワールドインデックスファンド)を中心とした 資産運用しており、インデックスファンドは、ほとんどの人に勧められる投資方法だと信じています。

参考記事>>【退職金の運用】ファイナンシャルプランナーが愛してやまないVTの魅力とは

最近ではあまりにもインデックスファンドが増えたので、新聞でも関係者からの批判などもが取り上げられたりします。

アクティブ運用者がいらだつのは、インデックスファンドへの資金シフトに止まる気配がないからだ。それゆえにアクティブ運用の成績は劣後し、パッシブ運用へのさらなる資金流出を招いている。

www.nikkei.com

私はこの記事について「批判が出るほどインデックスファンドが優れている」ことが広く理解され始めた兆候と理解しています。

 

2 信託報酬以外の隠れコスト

現在ではベンチマークに追随するインデックスファンドはたくさん各社から発売されており、国の「つみたてNISA」制度に適格なファンドだけでも多数あります。

同じ指数に連動するファンドだけでも複数あり、一例をあげるとTOPIXに連動する、つみたてNISA適格のインデックスファンドだけでも13本もあります。

そうなってくると自分が投資対象のベンチマークを決めたとしても、どの商品を選べばいいのか困ってしまいます。

一般的な常識としては、ベンチマークが同じで同じような運用成果が見込めるならば、信託報酬に代表されるコストが安ければ安いほどいいというのが基本的な考え方です。

しかしながらそこを深く考えてみると、様々な信託報酬以外のコストがあります。

特に最近、投資に詳しいブロガーの間で有名になってるのが隠れコストと言われるもので監査費用や税金など信託報酬以外のものが無視できないほどの金額に上っています。

しかし、それらを含めて比較したとしても、様々な要因でコストに計上されない(できない)タイミングコストや貸株収益などもあり、コスト比較というのは限界があるというのが、先日私が参加した三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングでの学びでした。

f:id:teinen2018:20210803133624p:plain

 出典:2021.7.28三菱UFJ国際投信ブロガーミーティング資料

 

3 結局何を比較すればいいのか

ベンチマークが同じで、コスト比較も厳密にするのは難しいということになれば、何を考えて選べば良いのでしょうか。

先日の三菱UFJ国際投信のミーティングの結論では「一定の期間におけるトータルリターンを見るのが重要」だと言われています。

コスト以外にも、運用の巧拙やファンドスキームなど様々な要因でパフォーマンスが変化することから、私もそれには一応は納得ですが、トータルリターンというのは事後にしかわからないし、前期よくても次の期が良いとは限らないものです。

事前に何を見て比較すればいいとかというのは、よく考えないといけないと思います。

まずコストが重要であるという考え方は変わらないので、目論見書に示された信託報酬を比較して安いものを選ぶというのは重要です。

その上で、購入した後は様々な隠れコストも含めて運用報告書を見ていくというのが妥当なところなのでしょう。

 

4 コスト以外にも 考えるべき要因

コストに関しては信託報酬を目安に大体の比較で妥協するとして、投資信託の比較では、これ以外にも重要なことがあります。

一つには新規に設定された直後では、様々な要因でベンチマークとの乖離などが生じやすいので、ある程度時間がたって成熟したものを選ぶことです。

また、資産総額があまりにも小さいと繰上償還の危険があるので、 ある程度、例えば1000億円以上の 金額になった資産総額の大きなファンドを選べばいいと思います。

それと重要なのは資産運用会社の評判などです。

毎年行われている投信ブロガーによるファンドオブザイヤーなどでは、それこそマニアとも言われるほど詳しい達人達が、選びに選んだファンドを投票で決めています。

自分の投資するベンチマークが決まっていれば、ファンドオブザイヤーの上位にどんなファンドが並んでるか、どういう理由で支持されているかなど参考にしてみるのもいいと思います。

 

まとめ

インデックスファンドの広がりは喜ばしいことですが、どの商品を選ぶかの比較は結構奥深いものがあることがわかりました。

今回は、先日行われた三菱UFJ国際投信のブロガーミーティング資料を多く利用させて頂きました。

私の尊敬する、カン・チュンド氏(インデックス投資アドバイザー、@4649kang)もこうつぶやいています。

別に同社を推薦しているつもりはないのですが、ブロガーが選ぶファンドオブザイヤーなどで、同社の投資信託が多数上位を占めていることから、日本でもトップクラスの運用会社であろうと私自身感じていることは付け加えさせていただきます。

SBI証券