わくわく定年退職ライフ

ちょっとのお金の知識で豊かなシニアライフ

定年退職世代こそ使いこなそう家計管理アプリ

f:id:teinen2018:20180509171319j:plain

みなさんこんにちは

安井宏@定年退職ブログです

 

みなさんはマネーフォワードなどの家計管理アプリを使っていますか。

いくつか種類がありますが、

家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」

は頭一つ抜けた使いやすさです。

 

利用中の銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイントの口座を自動でまとめ、家計簿を自動作成する高度な機能がありながら、無料で使えるスマホアプリです

 

さらに高度な使い方をし出すと有料になってしまうのですが、無料でも十分 役に立ちます。

しかも 定年退職世代にとって、非常に使い勝手はいいものなのでご紹介しましょう

 

たくさんのメリットがありますが私は主に三つあげられると思います。


+++目次+++

 

1.ざっくりしたお金の流れがわかる

 

細かく家計簿をつけている人にとっては物足りないと思いますが、ざっくりお金の出入りが分かります。

 

マネーフォワードを例にとると、無料版でも銀行クレジットカードなど10個までの金融機関を連携させることができます

一つのアプリの画面に収支が一目瞭然になります。

 

やり方は簡単です

マネーフォワードのページに行ってあなたの使っているスマホのアプリをダウンロードします。

ID パスワードを 設定しダウンロードしたら 、最初だけは少し時間のかかる作業ですが連携をやりましょう。

全てを一気にやる必要はありません、まずはメインの銀行口座一番よく使うクレジットカードを登録してみましょう。

やがて慣れてきたら、そこに取引のある全ての銀行やクレジットカードを入れればいいです。

 

老眼の進んだ定年退職世代には、細かい数字をスマホに打ち込むのは大変ですが、マネーフォワードならレシートを撮影するだけで、項目や店舗が家計簿へ反映されます

 

自分の資産の状況を一目でチェックできるようになっているので、「老後資産には十分余裕がある」「大きな買い物はやめておこう」などと簡単に決断できます。

 

重要なことは、1円単位で細かく帳簿をつけることではなく、ざっくりお金の流れや資産の状況をを把握し、間違った行動をしないようにすることです。



2.キャッシュレスに慣れて使いづらくなる銀行に対抗

 

お金の管理といえば銀行ですが、その銀行がどんどん使いづらくなっています。

 

銀行に行って通帳を記帳し、残高や年金の入金状況などを確認するのは家計管理の基本でしたが、最近では銀行がどんどん不便になりハードルが高くなってます。

 

銀行は人減らしが現在新聞で騒がれていますが、この次にやってくるのは支店の統合 ATM の有料化、通帳の廃止や各種手数料の値上げです。

 

そんな中、無料で使えるアプリで残高確認ができたり、引き落としの予定がわかるのはとても便利です。

 

今後は、ますますキャッシュレス社会が進みます。少額でもコンビニで物を買ったりする際、クレジットカードや電子マネーで決済することが増加していきます。

 

キャッシュレス化が進めば、基本的には便利な世の中になりますが、旧来のやり方に固執してしまうとかえって不便で、高コストの生活が待っています。

 

むつかしいことはありません、まずは残高確認だけでもアプリでやってしまいましょう。


3.夫婦で情報共有が簡単

 

定年後に、家計簿の管理を奥様から押し付けられた夫が困ったという話を聞いたことがあります。

 

日々の細かい支出を家計簿に記録すること自体にはそれほど意味はありません。

むしろ現在の貯金残高はいくらあるのか、あるいは預金残高は月々増えているのか減っているのかという、「残高管理」だけしておけば十分ではないでしょうか。

 

収入も限られてしまう定年退職世代では、お金の流れや資産の現状を見える化して、家計や資産を一元管理するのが無駄な支出や、無計画な散財を防ぐ有力な手段です。

 

わずか数分で、資産の総額や最近の現金の入出金の確認をしておけば、浪費の歯止めになるし、「無駄使いしたかな」などと不安を抱かず、安心して生活を楽しむことができます。

 

既婚の定年退職世代におすすめなのはマネーフォワードを使って夫婦で情報を共有することです。

定年退職世代の人達にはパスワードをお互いに教え合うなど夫婦共同で使うことを推奨します。

 

考えたくないことですが、ご自身に万が一のことがあった時にも、このアプリを見ればお金の流れや資産が一目瞭然ですし、「葬式代があるのか」と言って慌てることもないと思います。

いざという時は突然やってきます。事前にお金のことを考えておくのは重要です。

 

最後に

収入の限られている定年退職世代こそ、家計管理アプリが便利です。

 騙されたと思って一度使ってみましょう。

 

なお、マネーフォワード以外にも、いろいろアプリはあります。

 

操作も画面もシンプルで預金や証券口座などの残高クレジットカードの使用状況などが簡単に早くできることに加え、1年以上前のデータの保管が有料になるマネーフォワードとことなり資産を長期に渡って記録・保存する「一生通帳」が売りのマネーツリー

moneytree.jp

レシート読み取りなどの入力支援が充実している Zaim システムは、管理を重視する方にオススメです。よく行くお店の特売情報も自動的に配信するなど付加サービスも用意されています

zaim.net

など特徴あるアプリがあり、いずれも日進月歩で進化しています。

もしマネーフォワードを使ってみて不安なら、どのアプリも基本的なサービスが無料なので試して比較してみるのもいいかもしれません。