わくわく定年退職ライフ

ちょっとのお金の知識で豊かなシニアライフ

【定年退職後はアウトドア】モンベル+ふるさと納税で踏み出す最初の一歩

f:id:teinen2018:20180629135936j:plain

みなさんこんにちわ    

安井宏@定年退職ブログです。

定年後は、新しいスポーツウェアに着替えてアウトドアで活動しませんか。 

ウエアを整えて若者に遜色のない格好で活動すれば、こころも体もスッキリします。

そんな中、機能性と豊富な品ぞろえで役に立つのが日本発のブランド、モンベルです。

そのモンベルのアウトドアグッズを非常にお得に入手できるのが、ふるさと納税の利用です。

そのお得になる仕組みとやり方、注意点を解説します。

 

+++目次+++

 

ふるさと納税とは

自治体に対してふるさと納税(寄付)をすると、ふるさと納税額のうち2,000円を超える部分について、一定の上限まで所得税・個人住民税から全額が控除される仕組みです。

多くの人が、カニ・牛肉・コメなどをふるさと納税の返礼品としてもらっていますが、商品券的なものを出す自治体もあります。

この仕組をうまく使ってモンベルのアウトドアグッズを手に入れましょう。

日本が誇るアウトドアブランド

モンベルは、日本が誇るアウトドアブランドです。

モンベルのいいところは比較的リーズナブルな値段で、登山からサイクリング・カヌーなど、あらゆるアウトドアグッズが手に入ることです。

www.montbell.jp

 

モンベルポイントバウチャーを入手

長野県小谷村にふるさと納税で寄付すれば、返礼品としてモンベルポイントバウチャーがもらえます。

もらえるのはポイントですが実質的には商品券なので、10万円寄付して、3万円分のモンベルポイントバウチャーをもらえば、夏山登山の靴・ウエアであれば一通りは揃えられます

ふるさと納税でもらえるモンベルポイントバウチャーは、1年間のモンベルクラブ会員無料登録(既存会員は1年間有効期限延長)と、ポイント加算がセットになった商品です。

モンベルクラブ会員になれば、様々な特典が利用できますが、ふるさと納税で手に入れたポイント引換券があれば、年会費\1,500(税込)が無料となります。

既にモンベルクラブ会員である場合は、有効期限が1年間延長されます。 

注意点としては モンベルのふるさと納税は楽天などでは扱っていません。

ふるさと納税と言えばポイントを貯める為、楽天ふるさと納税の方も多いでしょうが、モンベルのポイントに関して言えば、小谷村に直接申し込みで ゲットしましょう。

 

イベント参加でアウトドア

モンベルポイントは、実店舗でもオンラインショップでも使えます。

ポイントでアウトドアの準備を整えたら、カラフルなウエアで外に飛び出しましょう。

モンベルでは登山からカヌー、サイクリングなど色んなアウトドア・イベントやツアーをやってます。

有料ではありますが、初めの一歩を踏み出せない人、あるいはそれを通じて仲間を 作りたい人には 良い選択肢です。 

www.teinen-wakuwaku.com

 

交換はお早めに 

実質的に商品券である、モンベルポイントバウチャーですが、かつては多くの自治体がふるさと納税の返礼品として用意していましたが、執筆時点では長野県小谷村だけになっています。

実は、総務省から、「・ 換金性の高いプリペイドカード等」の自粛が要請されており、総務省の通達の趣旨からして実質的には商品券であるモンベルバウチャーは、ちょっとボーダーラインにあるようです。

利用者には関係のない話ですが、制度のある今のうちに実行するのがオススメです。

 

まとめ

定年退職後には、健康のためにもアウトドアで活動しましょう。

定年退職後の人が、家や図書館に引きこもるのは最悪で「定年後うつ」を引き起こしかねません。

とはいえ外で活動するの普段着でするのはちょっとかっこ悪いです。

登山にしろサイクリングにしろ、実際にやってみると専用のカラフルなウェアがあり、ユニク◯などで行くと最初から腰が引けてしまいます。

ふるさと納税を使えば、お得にモンベルで最新のウェアやグッズを揃えられます

 

www.teinen-wakuwaku.com